プロフィール

じーけん

はじめまして。じーけんと申します。

MARCHクラスの大学卒業後、新卒で現勤務先の銀行に入行。銀行員歴13年の現役のバンカーです!

こんにちは!
初心者ブロガーのじーけんと申します。
ブログに関しては2023年5月に始めたばかりのペーペー中のペーペーです。

この度は、星の数ほどあるブログの中から、私が運営する「現役銀行員のお金にまつわる良い話」に足を運んで頂きありがとうございます。

このプロフィール記事では‥‥

g-kenのプロフィール

①私の簡単な経歴
②ブログを立ち上げた経緯
③今後の目標

についてお話ししたいと思います!

私の簡単な経歴

私は、現在「某地方銀行」に勤める36歳の現役の銀行員です。

ここでは、私が学生時代から、銀行員になるまでの経歴を紹介します!

学生時代

都内の高校を卒業後、大学はお茶の水にある私立大M大学に進学。

大学では、商学部にて主にマネジメント、経済学について専攻し勉強していました。

じーけん

今、思い返してみれば大学時代は、アルバイトと友達と遊ぶことばかりに夢中になり将来のことは何も考えていませんでした‥‥

就職活動では、銀行、保険会社などの金融系また、大手SIer(エスアイアー)、NTT等の通信関係の職種を中心に活動。縁があり、現在勤務している銀行から内定を頂き、大学卒業と同時に入行、現在勤続13年目の中堅社員になります。

銀行員になってからの仕事履歴

入行後、以下のような勤務を経験しました。

○個人のお客さま向け
・投資信託、保険商品の提案営業
・住宅ローンの貸出業務
○法人のお客さま向け
・事業性融資のご提案
・設備資金(設備投資、アパート等の箱物設備)のご提案
○本部
・融資審査業務
etc‥‥


営業店での営業活動、本部の審査セクションなど、銀行員として一通りの経験をした後

営業店での融資統括マネージャーのポジションについております。

じーけん

銀行員歴13年目なので中堅社員といったところでしょうか

プライベート

プライベートでは‥

○スニーカー収集
○漫画(蔵書数4000冊)
○生後半年の子供(男の子)を育てる1児の父

などがもっぱらのモチベーションになっています。

スニーカーとか漫画は、銀行員のイメージとはかけ離れた趣味かもしれません‥

最近第一子が誕生したばかりなので、育児に全力投球中でございます!

ブログを立ち上げた経緯

じーけん

ブログ開設のきっかけについてお話しします。

人の役に立つことがしたい…

私がブログを開設したきっかけは主に2つの理由があります。その理由の1つ目が「人の役に立つことがしたかった」からです。

「株式会社」という組織である銀行で長年働いていると、どうしても営利目的な仕事というものが出てきます。時には、お客さまに嫌がられるような仕事もしなくてはいけない場面も沢山ありました。

「サラリーマン」として、組織に属している限りは、自分が100%満足がいく仕事が出来ない‥‥と感じ日々鬱憤が溜まる中、

「自分のやっている仕事は本当に人の役に立っているのだろうか?」

「このままあと30年近く働く中で良い仕事をしたと満足に退職することが出来るのか?」

などと疑問が出てきたのです。

「人の役に立ちたい」「社会貢献がしたい」というのは、凄くきれいごとに聞こえてしまうかも知れませんが、ある程度仕事を続けていると、どんな人でも沸いてくる感情だと思います。(正直、昔はあんまり考えていませんでした)

そんな中、「ブログ」や「Twitter」で自分のメディアを立ち上げ、情報発信をするのであれば、「無償で」「自分の好きなように」「100%人のために」情報発信が出来ると思ったのがブログ開設最大のキッカケでした。

現役の銀行員の目線から、資金の調達・資産の運用・ライフハック情報を発信し、本当の意味で人の役に立つ情報発信をしていければと考えています。

じーけん

銀行員として13年働く中で、ようやく自分のやりたかったことが見えてきたような気がしています

マネタイズを図りたい

2つ目の理由は、ブログを通して「マネタイズを図りたかった」からです。

正直、情報発信をする上でここは、外せない点だと思います。

今の世の中、社会貢献や人の役に立つことだけをするだけではやっていけません。

日本が資本主義国家としての体裁が続く限りは、どんなきれいごとを言っても「お金」が無ければ生きていくことは出来ません。

銀行員として13年間働いてみて改めて「お金」の大切さ、「お金」が無ければ実現したいことも実現出来なくなってしまうツラさを実感出来たからです。

じーけん

銀行の仕事を通じて、改めてお金の重要性に気付かされましたね

今後の目標について

このブログを、見てくれる人、お金の借入がしたい人、これから事業を始めたい人、資産運用をしたい人、たくさんいると思います。

そのような方々が「お金」のことで少しでも悩んでることがあれば、解決出来るようなメディアを作っていきたいと考えています。

日本では、「お金を稼ぐ」こと「お金を借りること」にまだまだ偏見があり、将来的には、そういった人達が少しでも減るように「金融教育」の分野に私の知識、経験を少しでも役に立てていきたいとも思っています。

拙い文章力ですが最後まで読んで頂きありがとうございます。